オフィスを移転するということ

オフィスを移転するということ

オフィスの移転と聞くと、古い事務所から新い事務所に移転すると言うイメージがあり、、新しい気持ちでスタートをすることができる。ただし、移転には、いろいろと手間と費用がかかる。まず考えることは、移転の原因を明確化することであり、なぜ今の事務所を捨てて、次の場所を探すのか?今の事務所が手狭であるとか、建築が古いだとか、交通が不便利、家賃が高い、もっと明るくてきれいなところで仕事したいなど、事務所の状況によってきっとさまざまな原因があるはず。

ここでは、ある会社の、事例を紹介する。その会社は10年前、賑やかなショッピングセンターであり、いろいろな業者にとって、憧れの場所であった。10年ぶりに、移転しようかと迷っていた。なぜなら、周辺の地域では、ビルがぎっしり並んでおり。新しく、綺麗なショッピングセンターが人気の時代で、きれいなビルと比べると、今の事務所が地味で、不便に見えた。昔から人は、新しくて、綺麗で、便利な物に目が行きがちである。だからこそ、時代の歩調に合わせるために移転を決めた。オフィスを移転する時、原因を明確にすれば、次のステップに繋がる。全体的な予算、新たな事務所のデザインとディコレ-ション、各種工事など、全てそろったうえで、移転を実施する。

オフィスを移転するということ

移転を決定してからの流れ

移転と決めたら、会社計画を作って、計画通りに進める。

大企業の移転

大企業にて事務所移転が多い事情と注意事項。

事務所の移転には様々な原因がある。